肝斑にはハイドロキノンがおススメ

加齢とともにシミは増えてくるものですが、その一種に肝斑があります。30代後半を過ぎると出来てくる薄茶色のシミで、特に頬のあたりに左右対称にできるのが特徴です。シミの原因となる紫外線だけではなく、ホルモンの分泌量も影響していると言われ、美容外科などでレーザー治療を行ってもなかなか治療しづらいシミなのですが、肝斑の治療にはハイドロキノンが効果があると言われています。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの美白力があります。シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があるため、肝斑の色を薄くするために効果的なのです。美白と言えばビタミンCですが、ハイドロキノンはビタミンCの100倍の美白力を持っていると言われています。また、現在出来てしまっているシミをターンオーバーを活性化することにより排出する作用とともに、これからできるかもしれないシミを予防するという二つの効果が期待できます。シミの原因はメラニンですが、メラニンを作り出す原因の細胞であるメラノサイト自体の数をも減らしてくれるのです。肝斑には女性ホルモンが影響していると言われているため、紫外線のケアや外側からの美白は効果がないのでは?と思われるかもしれませんが、紫外線を浴びると肝斑はさらに濃くなってしまう可能性があるのです。そのため、シミの予防効果もあるハイドロキノンを利用するのが肝斑の治療には効果的なのです。
ハイドロキノンは効果が高い分、使用には注意が必用です。いきなり高濃度のものを利用すると、人によっては酷い炎症を起こしてしまう可能性があります。また、紫外線対策や肌の十分な保湿も重要になってきます。医師にしっかりと相談して利用するようにしましょう。